シンプルな永代供養墓 管理費用・月額費用不要で3.5万円

よくある質問の一覧

21件中 1件~10件を表示しています
全国どこの地域でも対応してもらえるのですか?

はい。全国すべての地域のお客様からのご依頼をお受けすることができます。

永代供養とはなんですか?

「永代供養」とは、お墓の供養や管理が出来ない人に代わって、寺院が永代にわたって管理・供養する仕組みのことです。
通常、お墓を立てた際は購入した代表者が責任を持って供養を行うものですが、「永代供養」であればその必要がありません。代わりに寺院の僧侶がしっかりと読経を行ってくれるため、安心して依頼できます。

当社は、永代供養として年4回以上の読経を行うことができる寺院のみと提携し、ご紹介しております。

永代供養墓とはなんですか?

「永代供養」をしてくれるお墓のこと全般を指します。 個別のお墓の場合や、合同でひとつのお墓に祀る合祀など、様々な形が存在します。 呼び名は寺院や霊園によっても様々で、永代供養塔、永代供養廟、合祀墓、合同供養墓などがあります。

当サイトでは、より分かりやすく、シンプルな供養の方法をお客様にご案内するために、複数のご遺骨をひとつの供養塔の元に納める合祀墓(ごうしぼ)」と呼ばれる形式のお墓を、永代供養墓としてご紹介させていただいております。
シンプルな永代供養墓とは?

合祀墓とはなんですか?

寺院や霊園が管理する供養塔の元に、複数のご遺骨を一緒に納めるお墓の形式です。
供養塔がある寺院や霊園にて供養が行われるため、永代供養の一つとしても数えられます。
個人でお墓を購入・維持管理する必要がないことから、費用面でも精神面でも負担が少ないため、
「跡継ぎがいない」、「子どもに負担をかけたくない」、「お墓に費用をかけることが難しい」
というお悩みを抱えた方に利用されています。

「納骨堂」と「永代供養墓」は何が違いますか?

納骨堂とは、骨壷に入れた状態のご遺骨を預ける屋内施設の名称です。 法律上、「納骨堂」はご遺骨を預けるという意味での「収蔵」という扱いになり、 「永代供養墓」はご遺骨を土に埋めるという意味での「埋蔵」となります。 納骨堂の起源は、一時的な遺骨の預かり施設として造られたのが始まりで、 お墓と差別化がされていましたが、最近では永代供養を行う納骨堂が増加し、 役割が似通ってきました。 現在では、どちらも永代供養の手段として多く利用されています。 一般的には、個別のスペースが設けられている分、納骨堂の方が費用が高くなる事が多く 納骨堂での永代供養の場合、一定の預かり期間を過ぎると最終的には合祀墓に移すことになります。

寺院には、期限がなく永代に供養してもらえるのですか?

はい。当社は、期限なく永代に渡って年4回以上の読経を行うことができる寺院のみと提携し、ご紹介しております。
永代供養の詳しい内容や実施については寺院に委託しておりますので、詳しくは寺院からご説明をさせていただきます。

利用するのに条件等はありますか?

基本的には、宗旨・宗派関係なくご利用いただくことが可能です。 但し、供養に関する儀式は寺院の儀礼に則った形式で行われますので、あらかじめご了承ください。

永代供養墓に一度遺骨を納めたあと取り出すことはできますか?

いいえ。合祀の場合は、一度お骨を納めてしまうと取り出すことができません。ご親族のお考えに合うかどうか慎重にご検討された上でご依頼ください。

3つのプランがありますが何か違いはあるのですか?

基本の永代供養のみのプランと、永代供養に戒名をお付けしたプラン、さらに永代供養に戒名と位牌をお付けした 3つのプランがございます。 ご供養のお気持ちに合わせてプランをお選びください。

こんなに安くて、きちんと供養してもらえるのですか?

はい。当社は、期限なく永代に渡って年4回以上の読経を行うことができる寺院のみと提携し、ご紹介しております。
永代供養の詳しい内容や実施については寺院に委託しておりますので、詳しくは寺院からご説明をさせていただきます。

21件中 1件~10件を表示しています
永代供養についてのご相談、ご依頼はこちらまで

無料相談窓口9時~21時(土日祝可)0120-770-669

過去の宗旨・宗派は問いません。一律料金で、追加料金はかかりません。相談は無料です。まずはお電話ください。

↑ページの先頭に戻る