シンプルな永代供養墓 管理費用・月額費用不要で3.5万円

泉福寺

泉福寺

建立は都が長岡京から平安京に移された延暦13年〔794〕とされています。
桓武天皇はその遷幸の際、突然雷雨に見舞われ、あわてて松の木に逃げ込まれました。
激しい落雷の中、松の木の下で天皇は一心に観音経を唱えられ、その甲斐があってか、雷雨はやみ、無事遷都できたといわれています。
このお礼にこの松の木で観音様を刻み、御堂を建立したのが当寺の始まりとされています。
また、泉福寺は洛西観音霊場16番札所(らくさいかんのんれいじょう)とされています。

泉福寺(せんぷくじ)の永代供養墓について

泉福寺永代供養墓(せんぷくじえいたいくようぼ

泉福寺永代供養墓泉福寺では、通常のお墓と同様、永代にわたって管理・供養を行いますので、 お気軽にご相談のうえ、安心してご依頼下さい。



ご住職

ご住職
内陣

内陣

 

泉福寺(せんぷくじ)までのアクセス・交通

アクセス(電車)

JR向日町駅から徒歩約10分
阪急東向日駅から徒歩15分

アクセス(車)

府道67号線競輪場前交差点を京都方面からの方は左折、大阪方面からの方は右折し、府道202号線を進みます。
850m程進むと高架トンネルがあり、抜けてスグの歩道橋の脇にございます。

泉福寺(せんぷくじ)の詳細情報

寺院名

泉福寺(せんぷくじ)

住職

慧善 随徳(えぜん ずいとく)

対応プラン

寺院所在地

〒617-0003 京都府向日市森本町四ノ坪30-2

ご遺骨のお引き渡し方法

以下の二通りよりお選びください。
①直接寺院にお持ちこみ
 寺院までご遺骨をお持ちになって、直接僧侶に手渡ししてください。
 ご遺骨は、破損や欠損が無いようにしっかりと梱包したうえで必要書類と合わせてお持ちください。
②郵送にてお引き渡し
 ご遺骨を、破損や欠損が無いようにしっかりと梱包し、必要書類を同封したうえでゆうパックでお送りください。

ご依頼の際に必要なもの

    • 納骨されるご遺骨
      お引渡しの際は破損してしまわないように丁寧に梱包してください。
    • 印鑑
      永代供養(合祀)の同意書をかわす際にご捺印いただきます。
    • ご遺骨の身元を証明する書類
      火葬・埋葬許可証、改葬許可証、どちらかの原本を1点。
    • ご依頼者様の写真付きの身分証明証
      免許証、パスポート、住民基本台帳カード、いずれかのコピーを1点。
      ※上記をお持ちで無ければ、身分を証明する公的な書類1点(健康保険証、戸籍謄本、除籍謄本等)と、
      民間で発行される社員証など顔写真付きの証明書をセットでご用意ください。

※必要書類の準備が難しい場合は、フリーダイヤルまでご相談ください。
通話無料:0120-770-669

永代供養についてのご相談、ご依頼はこちらまで

無料相談窓口9時~21時(土日祝可)0120-770-669

過去の宗旨・宗派は問いません。一律料金で、追加料金はかかりません。相談は無料です。まずはお電話ください。

無料相談ダイヤル
電話受付 9時~21時(土日祝可)
ご依頼・ご相談・資料請求 受付

墓ピタのご紹介

↑ページの先頭に戻る